肝斑の原因 シミとの違い

肝斑の原因とは そのシミは肝斑?

肝斑の原因

シミの一種『肝斑』の原因は、妊娠やピルの服用によって発症する人がいることから、女性ホルモンのバランスが影響してできるシミと言われています。

 

閉経すると自然に治ることが多いようなので、女性ホルモンとの関係性はあるみたいだけど、実のところははっきりとした原因は不明なんだそう。

 

なんとなくだけど、生理前だと肝斑が濃く見える気がする私。ホルモンの変化がシミに及ぼす影響があるのは、間違いないんだね^^;

 

ホルモンの乱れ以外にも原因がある!

肝斑になってしまう原因は、ホルモンのバランスの乱れ以外にもあるんです。

 

「え!こんな事も原因になっちゃうの?」と、今までの私のスキンケアがダメダメだったことを猛反省中。

 

私の肝斑はホルモンのバランスが原因じゃなくて(毎月必ず生理あるしね)、間違ったスキンケアを続けた結果の現れだと考えています。

 

間違ったクレンジング方法

マスカラは365日欠かせない私のメイク^^;

 

お風呂で湯船につかりながら、オイルクレンジングでゆっくりと落とすのが日課でした^^;

 

マスカラなどのアイメイクは、キチンとポイントメイク専用のリムーバーで落とすのがいいコトは分かっていたけど・・・

 

めんどくさいしオイルクレンジングで一気にやっても落ちるし、マスカラを落としたジャリジャリ入りのオイルでゆっくりマッサージしちゃっていた^^;

 

肝斑の原因は肌に必要以上摩擦を加えることという事を知った今は、ポイントリムーバーでマスカラは落としてから、お肌に優しいクレンジングゲルを使ってのメイク落としに変えました。

 

肝斑の原因

 

摩擦が肝斑の原因

 

これからはファンデーションを塗る時や洗顔後タオルで顔を拭くときなど、お肌に触れるときは摩擦しないようにに注意!肝斑が改善しても油断禁物です。日ごろのスキンケアを見直して再発を防ぎましょう♪

 

次へ>>肝斑とシミの違いをセルフチェック