LUMIXYL(ルミキシル)はハイドロキノンを超える!?副作用や効果の比較

LUMIXIL(ルミキシル)はハイドロキノンを超える!?副作用や効果の比較

ルミキシルクリームは、ハイドロキノンの17倍の美白効果がある!

 

ルミキシルクリームを調べると、このフレーズをよく目にしますよね。シミや肝斑に悩む女子は、こんなフレーズを見たら即買いでしょう^^

 

私も、その一人^^

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われているほど強力な美白成分だと思っていたし・・・ハイドロキノン以上の効果があるなら、すぐに色白になれちゃうんじゃ?なんて淡い期待を抱いちゃいますよ^^;

 

販売元も、上手いフレーズ付けたなぁ・・・

 

じゃ・・17倍もの美白効果ってどんなん?

 

いろいろと調べて「なるほど〜」と思ったところを、分かりやすくQ&Aでまとめてみました^^

 

ルミキシルとハイドロキノンを比較

 

なにが17倍なの?

ハイドロキノンに対してルミキシルが17倍というのは、シミの抑制効果が17倍という事なのです。

アメリカのスタンフォード大学で開発されたルミキシルクリームに配合されている「ルミキシルペプチド」という成分は、『チロシナーゼ』を抑制する作用が17倍あるという。

チロシナーゼってなに?

『チロシナーゼ』というのは、メラノサイトだけが持っている酸化酵素。チロシナーゼがメラミンと結合して黒色メラニンに変化することにより、シミやくすみ、色素沈着が現れます

チロシナーゼを抑制し、シミを作らせない効果はハイドロキノンよりも遥に上という事です。

 

ルミキシルは今あるシミを消してくれるのか?

残念ながら、今あるシミはルミキシルクリームだけでは消えません。

今あるシミを消すのには、即効性が期待される「ハイドロキノン」の方が、効果は上です。

ルミキシルクリームで「シミが改善した!」「シミが薄くなった!」という口コミが多いのはなぜなのでしょうか?

シミを作らせない効果があるルミキシルクリームを長期で使用することにより、
着実に「シミの予備軍」は減っていきます。
あとは、きちんとターンオーバーさえ促すことができれば、古いシミは徐々に無くなっていくのです。

ピーリングローションを併用し、ターンオーバーを促進させながらルミキシルクリームを使うのが良いようですね。
ルミキシルのシリーズのラインナップに「ルミキシルGP10」というピーリングローションがあります。

 

(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)グリコピール10ローション
ルミキシルシリーズ

 

 

ルミキシルクリームだけの使用よりも、ライン使いがシミ撲滅への早道だという事は間違いなさそう^^

 

ハイドロキノンとルミキシルは併用できるの?

併用できます。

ハイドロキノンでシミを直接消していき、ルミキシルで新たなシミを抑制するのはすごく効果がありそうです。

ハイドロキノンって危険?

美白剤ハイドロキノンは、効果が絶大な分様々なリスクはあります。

ハイドロキノンのリスクを上げてみました。

ハイドロキノンは酸化しやすく、毒性に変わる

ハイドロキノンは、他の美容成分に比べ酸化が早いので、必ず冷蔵庫で保管をし1ケ月以内に使い切りましょう。

ハイドロキノンは、白斑などの肌トラブルを起こす可能性がある

白斑などの肌トラブルを防ぐために、必ずパッチテストを行いましょう。

「長期的の使用」や「高濃度ハイドロキノンの使用」による白斑がでる可能性ことがあると言われています。
ハイドロキノンはメラニン色素が作られるメラノサイトそのものの働きを抑制する働きがあります。
そのため、1年以上の長期間の使用によりメラニン色素を作る働きを失った皮膚は、部分的に色が抜け、白斑となる可能性があります。
6%以上の高濃度ハイドロキノンの継続使用、または低濃度でも1年以上長期的に同じポイントに使用すると白斑となる可能性があると言われておりますので、使用の際は十分注意しましょう。
濃度が4%以下のハイドロキノンコスメであれば、一般的な使用状況かで白斑は起きにくいとされています。引用:プラスキレイ

ハイドロキノンを使用する際は、酸化や濃度に気をつけ、長期使用しない事が重要のようです。

 

ルミキシルとハイドロキノンについて調べてみて感じた事

より安全性を重視したい派ならば、ルミキシルクリームやルミキシルシリーズを使う方がいいと感じました。

 

ルミキシルの販売店には「8週から12週位から変化が出てくる」と記載があり、継続使用がますます楽しみになってきています。

 

>.>私のルミキシルレビュー記事<<
>>ルミキシルクリームの口コミ記事<<

 

私は、ハイドロキノンいりの石鹸「ハイドロキノール」を使用しているので、一応併用って事になるのかしら?

 

>>サンソリット『ハイドロキノール』の黒石鹸を使っています<<

 

このブログでは、ルミキシル、ハイドロキノール、トランシーノUの併用によりシミと肝斑に変化が現れるのかを徹底的にレビューしています。
肝斑画像も定期的に公開していきますのでお楽しみに♪

 

ルミキシルのトラベルセットでお得に試してみる

↓↓↓

ルミキシル(Lumixyl)トラベルセット(グリコピール10)