肝斑消す ルミキシルクリームの効果

ルミキシルクリームの口コミレビュー!実際に使った感想

肝斑に効くルミキシルクリーム

肝斑に有効なのは「ハイドロキノン」
これはお決まりですが、あまのじゃくで新しいもの好きの私は「ルミキシルクリーム」が気になって仕方がなかったの^^

 

今回「肝斑治療を本気で取り込む!」というキッカケになったのも、このルミキシルを知ったから。

 

 

このルミキシルクリームは、ハイドロキノンと違い低刺激で安全性が高いのにもかかわらずハイドロキノンの17倍ものメラニン抑制効果があるんですよ。

 

 

ルミキシルクリームを通販で購入♪本日届きました^^

 

一度使ったら手放せないとか、次の日の朝の透明感が違うとか口コミで良く目にするので、効果がすごく楽しみです♪

 

ルミキシルを使ってみました

 

手を横にしてもダレてこない白くてポッテリとした固めなクリーム。
肝斑に効くルミキシルクリーム
匂いはほとんどありません。

 

画像は、ルミキシルクリームを1プッシュした量です。

これを顔全体に塗っていきます。
薄めに塗れば1プッシュで顔全体に塗れますよ。
私は、キニなるシミの多い頬骨のあたりに
1/2プッシュを重ね塗りしています。

↓の画像が1/2プッシュの量

肝斑に効くルミキシルクリーム

 

肝斑に効くルミキシルクリーム

 

化粧品かぶれをしやすい私ですが、使用し始めて1週間経っていますが肌荒れなどはありません。

痒くなることも全くないので、安心して使えそう♪

 

効果的にルミキシルを塗るのには

 

ルミキシルをより効果的に塗るのにはポイントがあります。

 

洗顔後すぐにルミキシルを塗ること!

 

洗顔後のお肌は成分をより吸収しやすくなっているため、ルミキシルの美白成分がよりシミに届きやすくなっています。

必ず洗顔後にすぐルミキシルをお肌に塗ってあげましょう。
他の基礎化粧品を使う場合は、ルミキシルがしっかりお肌に浸透してから(15分後くらい)使用した方がいいそうですよ。

 

ちなみに私は、目元のかさつくところにアイクリームを足すくらいで、15分後にルミキシルの上から直接日焼け止めを塗ってメイクしています。
ルミキシルは、保湿効果もあるので余程の乾燥肌の人以外は、ルミキシル1本だけで大丈夫だと思います。

 

化粧水は使うべからず

せっかく塗ったクリームの上から化粧水を塗ることで、効果が薄まるようです。

 

化粧水を塗っても、ルミキシルの上からでは化粧水はあまり浸透してない気がするし・・・
化粧水とクリームが合わさりヌルヌルになってしまったので、私は断然化粧水なし派です。

 

日焼け止めはSPF30以上の物を使うべし

美白を目指す女子ならば、日焼け止めは必須!
せっかくの美白効果がある化粧品を使っていても、ここを怠ったら逆効果になってしまいます。

 

私は、家族に「私が日焼け止めを塗るまでは、カーテンを開けるべからず!」と言っています^^
日焼け止めクリームを塗るまで暗がりで過ごす家族に申し訳ない気もしていますが、それほど紫外線ってものはお肌に悪いのです!
20代に紫外線対策をあまりしてこなかった私は、アラサー後半で猛反省しました。

 

なので、紫外線対策には皆さんも万全を期してくださいね^^
炎天下の中では日傘も必須ですよ!

 

ルミキシルはどのくらいで効く?

ルミキシル塗布開始から今日で6日目の私の肌(同時にトランシーノも服用6日目)

 

肝斑に効くルミキシルクリーム
まだはっきりとは効果が表れていません。

 

個人的には、朝一のお肌に「おや?透明感が出てきたんじゃないかな〜」と思うくらいだけど、悩みの肝斑に、目に見えての変化はあらず・・・

 

ちなみにルミキシルの効果が現れるのは個人差はありますが8週間から16週間ごとの事!
効果が表れるまでは、まだもうしばらくの努力が必要なようです。

 

>>ルミキシルクリームを使った人の口コミ記事<<

 

このブログでは、肝斑シミが治っていく(治るまで^^;)画像を定期的に公開していきます。

次回は10日程経ったごろに肝斑肌の画像をアップしますので、参考にしてみてくださいね。

 

肝斑を同じように悩んでいる人のお役に立ちますように☆

 

ルミキシルクリームご購入はこちらで↓↓

 

>>ルミキシル(Lumixyl)ブライトニングクリーム<<